【鴻巣市】いつ頃どこにできる?道の駅の整備計画が進められています

道の駅のイメージ

※画像はイメージです

1993年から制度が始まり、現在(2020年7月)全国各地に1,180駅を数えるまでになった道の駅。ドライブ時の休憩場所としてだけでなく、ご当地グルメやその土地の野菜・特産品の販売、交通情報などの発信場所としての役割も果たしていますよね。

そんな道の駅、鴻巣でも整備計画が進められているのはご存知ですか?

「道の駅」の整備検討を進めています|鴻巣市

計画されている場所は、国道17号線箕田交差点から熊谷バイパスに入ってすぐ。バイパスの西側約4haの場所です。

鴻巣の道の駅整備計画地↓

今はまだ、田んぼが広がっています。

鴻巣の道の駅整備計画地の2020年11月の様子

2020年11月下旬(西側からバイパス方向を臨む)

鴻巣の道の駅整備計画地の2020年11月の様子

2020年11月下旬 (バイパス側から北西方向を臨む)

「鴻巣市道の駅整備計画」によると、完成は2025年度頃になる予定。(今後の検討で変更になる可能性有)

「よみがえる鴻巣宿〜花と農と健康を楽しむ人の活動拠点」という整備コンセプトで防災拠点としての機能や、農業を体験できるアグリゾーンも計画されています。どのような施設が作られるかは、今後議論が進められていくところです。

近隣では、桶川・行田・熊谷でも整備計画が進められている道の駅。それぞれの地域ならではの魅力が発信できる場になるといいですよね。今後の計画の進捗に注目していきたいと思います。

2020/11/27 07:15 2020/11/27 07:47
yumi

お腹を空かせている地域の子どもたちに食事を!まちなか給食のクラウドファンディング実施中!

号外NETゲームポータルです

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

ジモネタ鴻巣市

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集